木椀修理

July 27, 2015

 

 

今回は器の修理例をご紹介します。

 

ご依頼の器は当工房で制作したものではなく、量販店でよく見かけるものでした。

子供用の椀として使用し落としてしまったようで、縁の部分が欠けていました。材質は栗材でウレタン塗装で仕上げてありました。

 

修理方法として、欠けた部分を再接着するか、高さは低くなりますが欠けた部分まで削る方法を提示し、後者をご選択されました。

 

高さは低くなりましたが、修理の痕跡も分からないくらい自然に仕上がりました。ありがとうございました。

 

木の器は欠けたり、傷んだりしても修理して長く使用することができます。

当工房で制作したものでなくても、修理可能なものであれば修理をお受けしていますので、お困りの方はご相談ください。

Please reload

Featured Posts

葛原英興 木工展

1/10
Please reload

Recent Posts

May 21, 2017

Please reload

Search By Tags
Follow Us

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Copyright © KIGUMI Design&Craft ALL Rights Reserved.