椅子の修理/ウインザーチェア2

May 2, 2014

 

椅子の修理の続きです。

 

椅子の修理は分解できるところは出来るだけ分解して行う必要があります。今回も座面を張り合わせるのにバラバラにする必要がありました。座面は接着剤の劣化により割れていますが、他の脚や背もたれ部分はしっかりと接着されたままです。部材が細いので折れないように、ハンマーで慎重に分解します。

座面は実を入れて接着します。今回は補強のため裏面に契を入れました。

 

 

貫が折れていたので、元の部材と同じように旋盤で製作します。新しく作った部材は他の部分と同じように着色します。

 

 

通常、修理段階で部材のずれがでた場合、鉋で同一面になるように削ります。今回は塗装を剥がさず修理したので、座面に目違いがでないように慎重に張り合わせました。

 

 

座面の目違いも目立たず修理できました。ありがとうございました。

Please reload

Featured Posts

葛原英興 木工展

1/10
Please reload

Recent Posts

May 21, 2017

Please reload

Search By Tags
Follow Us

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Copyright © KIGUMI Design&Craft ALL Rights Reserved.