曲木技法7

前回の曲げ木の続きです。

板目や柾目といろいろな木目でしたが、どれも薄い板でしたので、30分ほど煮ただけで簡単に曲げる事が出来ました。

木目によっては、曲げたときに型にうまくあたっていなかった場合、目切れをおこした物も有りました。木の繊維の圧縮方向よりも伸張方向に十分注意が必要なようです。

また、型から外すのが早かった場合は曲げ戻り(スプリングバック)がおこっていました。1週間放置しておいた物は、スプリングバックがおこりませんでしたが、1日ではずしたものはかなり戻っていました。

温度や湿度との関係もありますが、複雑な曲げの場合1週間は型に当てたまま乾燥させた方が良いかもしれません。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Copyright © KIGUMI Design&Craft ALL Rights Reserved.